ペット 健康管理

愛犬の健康管理のためのチェックポイント

愛犬をケガや病気から守ってあげるためには日ごろの小さな変化にいち早く気づいてあげることが大切です。

 

そして愛犬のカラダと病気について知識を増やせば、より正しい判断ができ愛犬の健康管理に役立てることができます。

ここでは、愛犬の健康管理についてポイント別に紹介しています。
大切な愛犬の健康管理に役立ててください。

目のチェックポイント

健康な状態の犬の目は、透明で光沢があります。

 

白目の部分は真っ白で、黒目の大きさが左右同じ大きさになっています。

 

目ヤニについては、健康な状態でも多少は出るものですが、多すぎる場合には注意しましょう。

 

以下の症状が見られる場合は、早めに動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

 

 

□ まぶたの裏側の部分(結膜炎)が赤く腫れている。
□ 目の表面が白く濁り、透明感がない。(角膜炎)
□ 眩しそうにしている。目を閉じていることが多い。
□ 白目の部分が充血しているまたは黄色く変色している。
□ 目の奥の方が白く見える(白内障)
□ 明るい場所でも黒目の大きさが大きいままで変化しない。(瞳孔が開いている)

 

 

スポンサードリンク

 


 

愛犬の健康に!【ベジタブルサポート】
口コミで人気急上昇中!全国3000軒の動物病院で選ばれた実力!
獣医師と管理栄養士の研究で生まれた
天然野菜の栄養素がたっぷり摂れる顆粒&タブレット

鼻のチェックポイント

健康な犬の鼻は、寝ているとき以外には湿っていて光沢があります。

 

鼻水は無色透明です。鼻のチェックポイントは、鼻の穴からの分泌物やその量、鼻のまわりの皮膚の状態をよく観察しましょう。

 

以下の症状が見られる場合は、早めに動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

 

□ 鼻の穴から白色、黄色い分泌物を流している。
□ 起きているときに鼻が乾いている。
□ 鼻を地面にこすりつけたり、掻いたりする。
□ 鼻の周りの皮膚が赤くただれている。

 

スポンサードリンク



 

かわいいペットの急な病気に備えて!!
■ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】■
ペット保険の資料を【無料】でお手軽に請求できる!!

口のチェックポイント

健康な犬の歯茎はきれいなピンク色をしています。

 

口の中をしっかりとチェックするためにも口を触られても嫌がらないように訓練をしておくことが大切です。口の中のチェックは、まず唇をめくり上げて、粘膜、歯茎、葉をよく観察します。

 

次第に慣れてくれば、口を大きく開いて内側の粘膜、舌、喉を観察するようにしましょう。

 

以下の症状が見られる場合は、早めに動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

 

□ 口臭が続いている。または強い。
□ よだれの量が多い。
□ 口の粘膜が乾いている。
□ 粘膜、歯茎、舌の色が充血して赤くなっている。白っぽい、黄色っぽい、紫色に変色している。
□ 歯に歯石がついて褐色に変色している。
□ 歯の根元が化膿して膿のような物が出ている。
□ 喉が赤くただれている。

 

スポンサードリンク

 



 

ペットの健康を考えた『ミネラル分ゼロ』のやさしい水素水

 

ページのトップに戻る

耳のチェックポイント

健康な犬の耳は、中が薄いピンク色をしています。耳の内側の表面には少量の分泌物で覆われています。 耳のチェックポイントは、耳の中、外側と内側の状態を観察するようにしましょう。

 

以下の症状が見られる場合は、早めに動物病院で診察してもらうことをおすすめします。
□ 頭をよく振ったり傾けたりする。
□ 耳の中が強く臭う。
□ 耳の中に黒、茶色または黄色の分泌物で汚れている。
□ 耳の内側の表面が乾燥している。

 

スポンサードリンク



 

愛犬が病気になる原因とは?

おしっこのチェックポイント

健康な犬のおしっこは、淡い黄色で濁りがなく透きとおってます。
日頃、おしっこの色をチェックして、色や濁りなどがないか観察するようにしましょう。

 

以下の症状が見られる場合は、早めに動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

 

□ おしっこの色が普段より薄いまたは濃い。
□ おしっこの色に赤色またはピンク色っぽい。
□ おしっこの量が普段より多いまたは少ない。
□ おしっこが濁っている。
□ おしっこのニオイが強い。
□ おしっこの回数が多い。
□ おしっこが出ない。

 

スポンサードリンク

 


 

愛犬の健康に!【ベジタブルサポート】980円のお試しセット≪送料無料≫

 

ウンチのチェックポイント

 

健康な犬のウンチの色は、濃い黄土色か茶色をしています。硬さはつかんで形が崩れず、地面に汚れが残らないぐらいの状態で、回数については、1日2〜3回が正常な状態です。

 

以下の症状が見られる場合は、早めに動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

 

□ ウンチがカチカチで硬い。
□ ウンチが柔らかい(つかむと崩れて、汚れがシートや地面に残っている)
□ 下痢(形がなく液状)
□ 便秘(出ない)
□ ウンチが普段より細い。
□ ウンチの色が黒い。
□ ニオイが強い。
□ ウンチに血が混じっている。

 

スポンサードリンク



 

かわいいペットの急な病気に備えて!!
■ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】■
ペット保険の資料を【無料】でお手軽に請求できる!!

 

ページのトップに戻る